田村かのこ
Kanoko Tamura
© Photo by Fuyumi Murata

1985年東京都生まれ。アート・トランスレーター。タフツ大学工学部土木建築科(米国)、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科にてそれぞれ学位を取得後、通訳・翻訳、編集、広報など幅広く活動。2015年にアート専門の通訳・翻訳者の活動団体「Art Translators Collective」をメンバーと共に設立し、表現者に寄り添う翻訳・通訳の提供と新たな価値創造を試みる。2016年より東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻特任助教を兼任し、アーティストのためのコミュニケーション授業を担当。またディレクターチームに所属するNPO法人「芸術公社」では、コミュニケーション・プラットフォーム「r:ead(レジデンス・東アジア・ダイアローグ)」のトランスレーション・ディレクターとして、東アジアにおける対話のあり方を探る。

Born in Tokyo, 1985. Art Translator. Graduated from Tufts University with B.S. in Civil Engineering and Architecture in 2008, then got B.A. in Inter media Art at Tokyo University of the Arts in 2013. Tamura tries to expand the possibilities of translation as a creative way of expression by conducting translation, interpreting, editing in Japanese and English, project management, and PR. Her recent works and activities are: Translation Director of r:ead [Residency East Asia Dialogue](2014~), Planning, editing, translation for An Overview of Art Projects in Japan: A Society That Co-Creates with Art, Written by Sumiko Kumakura and Yūichirō Nagatsu (2015), Assistant PR of the Japan Pavilion at 56th Venice Biennale (2015), Interpreter and PR of artist-in-residence PARADISE AIR (2014~), Researcher for AURA program at Tokyo University of the Arts (2014).